プレバトで最高点ベスト3の俳句は何?動画も紹介!

毎週木曜日夜7時放送の「プレバト!」の中でも大人気のコーナー「俳句の才能査定ランキング」。

講師の夏井いつき先生の辛口コメントが大好きです。タレントさんの読む句もわかるものもわからないものも、先生の直しを通して味わう楽しみは、今までにないバラエティーですね。ふと、今までで一番褒められたものは誰のどんな句か知りたくなり、調べました。

早速・・第1位から~

スポンサーリンク

1位「空の底 強き風恋ふ 水芭蕉」

2014年6月19日放送。

お題「6月尾瀬の水芭蕉で一句」

元テニスプレーヤーの杉山愛さんの句。88点です。

空の底  (そらのそこ)

強き風恋ふ(つよきかぜこう)

水芭蕉  (みずばしょう)

 

杉山愛さん「初夏の空は広大でダイナミック。高い空を見下ろすと壮大な湖面。『水芭蕉の花びらが強そうに咲いている。強い風が吹いてもいいよ。」という思いで作られました。

夏井先生の評は、2000メートル級の沼だから空の底と感じる感覚がいい。水芭蕉の独特のヨットの帆のような形態も見えている。

2位「号令も 風となりけり 水芭蕉」

2014年6月19日放送。

お題「6月尾瀬の水芭蕉で一句」・・・1位の杉山愛さんと同じ日です。

お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さん。さすが芥川賞受賞者ですね。85点です。

 

号令も

風となりけり

水芭蕉

 

ピース又吉さん「尾瀬、遠足で良くいく場所。先生の「集合」と言う声も風と一緒になる。水芭蕉も風で揺れる」という思いで作られました。

夏井先生の評「号令と言う声で誰かが誰かに声をかけている。、もうひとつの意味で風が水芭蕉に向かって咲きなさいと号令をかけているかもしれない。号令という言葉だけで音の情報が、風の中に溶けている味のある作り。杉山彩さんと僅差の勝負」

たった一文字の直し。

『号令 風となりけり 水芭蕉』

「号令も」の「も」が散文くささ。「の」に変える。景色がまっすぐ伝わってくるし、ひょっとして号令以外にも?と深まる。

スポンサーリンク

3位「向日葵の 波に逆らひ 兄逝きぬ」

2015年7月30日放送。

お題「夏のひまわり畑の写真を見て、一句」

女優の筒井真理子さん。83点です。

 

向日葵の  (ひまわりの)

波に逆らひ (なみにさからい)

兄逝きぬ  (あにいきぬ)

 

筒井さん「母の兄が学徒出陣で亡くなっている。母の気持ちになって」詠んだとのこと。

夏井先生の評は、ひまわりのという言葉から、たくさんある、風、一気に広がる描写の力がある。「逆らい」で、兄が家出かなと思うが「逝きぬ」で事故か自殺か思うかもしれないが、ひまわりによって終戦にもとれる。ひょっとして戦争の波にのみこまれたのではないか。17音にすべてパッキングされた見事な作品。

動画はこちらから

 

↓1位の杉山さんは1:01:40頃から、続いて又吉さんは1:03:20 頃から。

YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

↓3位の筒井さん。58:50頃から。

YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

コメント(管理人の承認後表示されます)

テキストのコピーはできません。